テーマ:福祉

母の健康

以前から、母の健康には、気になっていたところ。 今晩、急に胸が痛いと言い出した。 手もとにある血圧計でバイタルを測ると。 驚くべき数字が。特に脈拍数が速い。 しばらく横になると気分が良くなったようで。数字も下がってきていた。 今晩は、水分を多めに摂って安静にしてもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉のココロ

福祉、特に介護の現場に限って、、、 さらにおそらく、福祉全体に言えるかもしれない、 「利用者のために」とか、「そのご家族のために」とか、よく聞く言葉である。 せいぜい「地域のため」とか聞かれるだけで、、、 福祉はスタッフのためにもさらに万人のためすべての人のため  とは、 聞くことも、意識されている片鱗さえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアル

とかく福祉の現場では、マニュアルごとが多いような気がする。 私はそれよりも何故、どういう考えで、 そこにいたったのかのほうが。 結果よりもよっぽど大事だと思いたいのだ。 思い切って言ってしまえば!たとえ結果(マニュアル)が間違っていようとも。 ただ単に、至ったこと、いや、至ったすらしてないだろことを示された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なにげに思うこと。

あたりまえのことで。 知性と創造性とは違う。 福祉の現場では、特に創造性なんてどこ吹く風なんだか。 余裕がないのか、、、そもそも。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛について

しばらく、更新してなくて、久々のブログ更新です というのも、その間、ごたごたがあって、、、 ここで書くべきことではないと思うので書きません(笑) いつも思っていることなんですが、 自分自身を大事にしましょうとか愛情もちましょうとかよく聞きます。 これって、、そうなるようになるには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不器用と福祉

私は、自他共に認める不器用者。 不器用であるが故、 たくさん本を読んだり、人と交わり学び、勉強し挑戦したいと日々思っている。 だから、いつまでも、終わりのない新鮮な気持ちでいたい。 そこそこ器用で、そこそこ仕事をこなして満足しているよりは、 よっぽどマシかもしれない。 不器用は不器用で良いものだ{%感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉の理念

先日、佐○急便のにいちゃんが配達してくれた。 JOHN RAWLS の“A THEORY OF JUSTICE”という書物。 607ページあって、読みながら福祉について考えてみたい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうかも~

先日、福岡天神へバイクで行った。 帰りは、バスで帰った。 なんてことはない! すっかりバイクで来ていたことを忘れていただけだった。 そのことをある施設の入居者の方に話すと。 「あんた!それは。そこから良いとこだけ自分の物として取ればいいこと。」 「それを経験という」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先日、合唱の日曜練習の後に、福岡天神に寄って、こういう本を買ってみました。 全部で4冊です。 私自身、施設で使うためです。 歌は、人気があります。歌は人をいきいきさせてくれるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉について

いつも思うことは、人間にとって理性とは。 理性って? 客観的に外界を認識、認知することなのだろうか。 理性。感情。情動。 もし、理性が欠けて、バランスが崩れると。 人はバランスを保とうとして、苦しみながら? 思わぬ行動障害となって現れるのかも。 人にとって理性は、必要不可欠なものと身に染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more